パシフィコ横浜 お城EXPO 2017

常松真菜(第15代横浜観光親善大使)2018年01月09日

みなさま、あけましておめでとうございます。
平成29年度横浜観光親善大使の常松真菜です。
今年度大使の任期は残すところあと3ヶ月となってしまいましたが、最後まで全力で活動して参ります!今年もよろしくお願い致します^^

さて、2017年締めくくりとなったお仕事は、「お城EXPO2017」、イベントステージでのMCでした。12/22〜12/24にパシフィコ横浜で開催されたお城EXPOは、お城にまつわる貴重な資料展示や、春風亭昇太さんやお城のスペシャリストによるトークショーなど盛りだくさん。好評につき、昨年に続く2回目の開催でした。

お子さまからご年配の方まで、会場はたくさんの方で賑わっていました。私たちも会場内を拝見しましたが、細やかなお城のジオラマやダイナミックな甲冑、VR体験など、歴史ロマンあふれる、驚きと感動の連続でした!

さて、皆さまは、「小机城」をご存知でしょうか?
小机城とは、港北区にある中世城郭で、今年「続日本100名城」に選ばれました。
このお城EXPOにも、「横浜市の中世城郭」として出展しており、私たち親善大使が、PRのお手伝いをさせていただきました。

イベントステージにおいて、共に港北区出身の加藤大使と私、常松がMCを務め、港北区のマスコットキャラクター「ミズキー」と一緒に、小机城にまつわるクイズ大会を行いました。

ミズキーは、港北区の木である、ハナミズキの妖精さん。
今回は陣羽織に、手づくりの手裏剣や兜を身につけ、お城EXPO特別バージョンの装いで登場!
クイズに全問正解された方には、ミズキーのオリジナルトートバッグをプレゼントしました。また、ミズキーの友達、戦国武者の方々も駆けつけ、クイズ大会を盛り上げてくださいました。

それではここで、みなさまにも一問!
敵の侵入を防ぐために掘られた溝のことを「堀」と呼びますが、現在の小机城趾には「堀」が全く残っていない。◯か×か。

正解は…×です。
水の張られていない堀を「空堀」と言いますが、小机城には深さが10m以上もある空堀が、現在も残っています。

小机城址は、JR横浜線の小机駅から徒歩15分ほど。見ごたえたっぷりの空堀のほかにも、風情ある竹林が広がっていたり、あたり一面、灯籠の幻想的な光に包まれる日も。歴史ロマンに直に触れられるだけでなく、散歩するだけでも楽しめます。
また、毎年4月上旬には、小机城址まつりが行われ、武者行列なども披露されます。みなさま、ぜひ足を運んでみてください。

公式サイトURL:http://www.city.yokohama.lg.jp/kohoku/sinkou/jousimaturi/