「伊勢山皇大神宮」神楽殿、参集殿建設竣工記念の模擬挙式・内覧会  後編

蛯原直美(第15代横浜観光親善大使)平成29年10月16日

皆様こんにちは☆
平成29年度 横浜観光親善大使の蛯原 直美です。

もうだいぶ肌寒くなって参りましたね。
日本大通りや山下公園通りのイチョウ並木、銀杏が鈴なりの木や早くも黄色く色づきだした木も見られるようになり、日に日に秋を感じています。

さぁ、今回のブログは「伊勢山皇大神宮」神楽殿、参集殿建設竣工記念の模擬挙式・内覧会の「後編」です!
9月18日の私のブログのタイトルで「前編」と書かれていたことに気付いた方はどのぐらいいらっしゃいましたでしょうか^ ^?

そうです!!実は伊勢山皇大神宮での和婚撮影の内容が盛りだくさんだったため、前編後編の2部作とさせて頂きました!!
今回はまた違う伊勢山皇大神宮の魅力をお伝えしますね☆!
前編では、*横濱和婚の舞台となる「神楽殿」についてお話しましたが、この神楽殿で結婚式を行うにあたり、1番の魅力と言っても過言ではないポイントがあります。それはズバリ「総勢150名が参列できる広さ!」です。神前挙式なのに神殿が広いので、親族だけでなく大勢のお友達に囲まれてお式を挙げられます。巫女さんの舞や雅楽の演奏など華やかな演出もありました。
結婚式だけではなく、御祈祷でも活躍する神楽殿は多くの参拝者の方もお参りができます。

そんな広さのPRを兼ねて…
友人方との風景を撮影をさせて頂きました^ ^
美しい振袖やドレスをまとった友人役の方々、クールにスーツや着物を着こなす新郎の友人の方々と…わいわい楽しく撮影をしました。式を挙げる際も同じようにとても賑やかになるのだろうなぁと思いながら撮影をしました。

そして、挙式だけではなく前撮り撮影にぴったりな「庭園」や「茶室」もございます。これぞまさに…フォトジェニック!!!!(気合を入れてみました!笑)
また、参列者の控えとして活用できる「参集殿」と呼ばれる広間は、美しい輪島塗の柱や神奈川県を代表する書家の作品、木の曲線を生かした椅子と机など…細部にまでこだわって作られた落ち着く洗練された空間でした。
総勢300名がゆとりをもって着席できる広さとあって、今後、国際会議などでも使うことができるなら海外の方々はさぞ喜ばれるだろうなぁとも思いました。

※今回撮影したものは、なんと!みなとみらい線や桜木町駅の広告にもなるそうで!
是非見つけた際は話のタネとしてご活用頂けたら幸いです。

魅力溢れる伊勢山皇大神宮。御祭神は天照大御神です。

横浜総鎮守 伊勢山皇大神宮
http://www.iseyama.jp/

素敵な方と素敵な時間を過ごせる場所、そして横浜を一望できる最高のロケーションでもあります。
近くには、安政の大獄で知られる井伊掃部守の立像が建つ掃部山公園や野毛山公園・動物園が在る丘陵地帯で、紅葉坂を降りれば近代的なみなとみらい地区です。境内からは、ランドマークタワーが間近に見えます。特に桜の頃の景観は秀逸です。
これからは、隣接する野毛山公園の紅葉も楽しみながら、ここはまずはお散歩がてら、遊びに行ってみてください^ ^
きっとお気に入りのスポットになりますよ☆

*「横濱和婚」
 横濱和婚®は株式会社ウエディングネットアカデミーの登録商標です。

公式サイトURL:http://www.iseyamawakon.com/