函館港まつり

蛯原直美(第15代横浜観光親善大使)平成29年8月18日

皆様こんにちは^ ^!
横浜観光親善大使の蛯原 直美です。

暑い毎日が続き皆様体調は崩されていませんか?
私は溶けそうな日々の中で馬車道あいすくりんが恋しいと毎日思っております。
そんな暑い夏を避けるように、先日涼しい場所へ行ってまいりました。涼しい場所とはズバリ!!北海道の函館市です!

開港158周年記念 函館港まつり2017が8月1日から5日まで行われ、2日に行われた「ワッショイはこだて~十字街・松風コース~」と呼ばれるパレードに参加させて頂ました。函館港まつりは昭和10年から続く歴史あるお祭りです。
そんな歴史あるお祭りに参加させていただけるだけでも貴重ですが、更に私達が乗るパレードの山車が自衛隊のZeep!という併せて貴重な経験をさせて頂き、お祭りを盛り上げる!という気持ちも高まりました。

涼しいとはいえど、天気も良く日差しが強いにも関わらず、実にたくさんの方々が沿道からお祭りを楽しんでいらっしゃいました。
私のたすきを見ながら「わざわざ横浜から…!?ご苦労様~!ありがとね~!」「遠い所からありがとう!実は僕も横浜に住んでいたんですよ!」
など…沿道から、そして山車に乗る前から皆様暖かく、気さくにたくさん声をかけて下さり…私も自然と笑顔になれました。
山車の後ろには自衛隊の演奏隊、様々な団体によるオリジナルのダンスなどが連なり、沿道の方々も本当に楽しめるパレードだと感じたとともに
私もいつか沿道からじっくり見てみたい!と思いました。
そんな楽しいパレードはあっという間に終わり…その後は函館の夜景を見に函館山へ!山頂へ向かうロープウェイには観光客の方々が溢れ、外国の方もとても多く世界的に有名なスポットなのだと改めて実感致しました。そして函館の夜景を一望できる絶景レストラン「ジェノバ」様にて歓迎夕食会を開いて頂いたのですが、お料理はもちろんのこと美しい夜景に終始感動してしまいました。函館名物であるイカを使ったお料理は大変美味しく、函館国際観光コンベンション協会の櫻井様に函館のお話を色々聞くこともでき、とても貴重で贅沢な時間を過ごすことができました。

2日目はミス函館のお二人に案内していただき、函館市内の見学をさせていただきました。
旧イギリス領事館や旧函館区公会堂など…佇まいに非常に趣のある施設や有名な八幡坂、赤レンガ倉庫など…横浜とはまた雰囲気の異なる素敵な景色ばかりで終始目を輝かせておりました。見学の最中に印象に残ったのは、コンクリート造りのお寺がいくつかあるということです。そもそも今回参加させて頂いた函館港まつりの契機は昭和9年に街を襲った大火により大変な痛手を受けたことから始まります。そんな大火の悲劇から1年…市民の慰安と気分一新を図ろうと開催されたのが第一回函館港まつりだそうです。
その大火を受けたことから火に強い、コンクリートのお寺を造ろうと建てられたのが「東本願寺函館別院」そして「称名寺」です。
実は横浜市金沢区にも称名寺という同じ名前のお寺があり、少し親近感がありましたが、そんな過去があったとは知らず、とても印象に残ったというわけなのです。
お祭りやイベントには、起源にその街の背景や歴史的な出来事があります。それを紐解いていく時間がとても楽しくもっと知りたいという気持ちも強くなりました。
これからも探究心を忘れず、横浜だけではなく様々な都市についても知識を深めていきたいと改めて思う2日間でした。

この度は素敵な経験と贅沢で有意義な時間を設けて下さいました函館国際観光コンベンション協会の方々を始め、ミス・各都市の大使の方々、更には市民の方々に本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
また是非函館に遊びに行く日を楽しみにしております!!

公式サイトURL:http://www.hakodate-minatomatsuri.org/