「スーパースター ヴァーゴ」初入港セレモニー

常松真菜(第15代横浜観光親善大使)2017年07月13日

みなさま、こんにちは!
平成29年度横浜観光親善大使の常松真菜です。

7月9日、豪華客船「スーパースター ヴァーゴ」の初入港記念セレモニーに参加してまいりました!

蛯原大使に引き続き、プリンセスガーデン・ヨコハマ様が振袖のご提供、ヘアメイク、着付けなどを行って下さいました。キラキラと上品に輝く赤の織地と、日本らしい細やかなお花の柄がお気に入りです。船上でも多くの方々から笑顔でお声がけいただき、ご一緒に記念撮影をしたり、とても喜んでくださいました。

スーパースター ヴァーゴを運航するスタークルーズは、アジアクルーズのパイオニアであり、数々の賞を受賞しています。
スーパースター ヴァーゴは13階建て、横浜スタジアム約2.7倍の広さを誇り、アジア最大の大型船です!映画「劇場版 謎解きはディナーのあとで」のロケ地にも使われました。

船内に入ると、吹き抜けのロビーを駆ける三頭の黄金馬像が出迎えてくれます。ウォータースライダーやガラスばりのエレベーターなどもあり、その華やかさは船の上にいることを忘れてしまいそうなほど圧巻でした。
25ヶ国から集まった乗組員の方々、11もの飲食施設で味わえる多彩なグルメと、さまざまな国の文化に一度にふれることができます。船内を訪れただけで、小旅行をしているような気分でした。

初入港記念式典は、800人近くが座れる、広々としたシアターにて行なわれました。細部まできらびやかな装飾が施され、ステージ上には全面に、横浜をはじめ日本の名勝地などが映しだされていました!このような素敵なステージに立たせていただき、とても光栄でした。

花束贈呈の際、「横浜へようこそ。お目にかかれて光栄です。」と英語でお声をかけると、「Oh! Thank you!」と満面の笑みで応えてくださいました。国境を越えて想いをお伝えでき、本当に嬉しく感じました。

式典で行われた、プロダクションショー(船専属ダンサーによるショー)のプレビュー公演は、デジタル技術とダンスやマジックが融合した、大迫力のステージでした。また、サイレントコメディ・デュオ「が~まるちょば」のお二人のパフォーマンスも拝見することができました。言葉の壁のない世界共通のジェスチャーを巧みに使い、会場中を笑いの渦に巻き込んでいました!

さまざまな文化の入口を担ってきた横浜。各地をつなぐ架け橋「横浜」の姿にふれることができたひとときでした。これからも私たち大使一同、活動を通して、地域と地域、人と人をつなぐ架け橋になれたらと思います。

スーパースター ヴァーゴは、これから11月26日まで毎週日曜日に、大さん橋に入港します。陽射しを浴びて輝く姿も、ライトアップされた幻想的な雰囲気も、とてもステキです!みなさまもぜひ足を運んでみてはいかかでしょうか。

公式サイトURL:http://www.city.yokohama.lg.jp/kowan/cruise/schedule/2017.html