かながわ名産展

シーベレール 磨紀(第13代横浜観光親善大使)平成28年2月04日

皆さま初めまして。第13代横浜観光親善大使のシーベレール磨紀と申します。

この度横浜観光親善大使のブログを開設するにあたり、活動内容を紹介させて頂く事になりました。皆さまに、私たちの活動をより身近に感じて頂けるよう様々な事をアップしていきたいと思います。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

2016年になり、まだ寒い節分の朝、私は羽田空港へ向かっておりました。鹿児島市の百貨店、山形屋さんで2月4日〜10日に開催される「かながわ名産展」のお手伝いをさせて頂くためです。

鹿児島到着後、新聞社やTV局で名産展のご説明と横浜のPRを行いました、その様子は地元テレビのニュースや情報番組で放送されました。国の地方創生交付金活用による通常価格の3割引!というコンセプトもあり(とてもお得!!)、注目度はかなり高かったように感じます。しかも、神奈川県外では初の試みに、皆さま興味津々のようでした。

そして、名産展初日。開店と同時に多くのお客様がお越し下さいました。「新聞見たよ」とか、「昨日のテレビ見て来たのよー」「あ、チラシの人だ」なんていうお言葉もかけて頂き、好調なスタートです。先着100名様にご用意した横浜元町ショッピングストリートのプレゼントもすぐになくなりました。「あら〜、オシャレなところのお土産、悪いわねぇ、すみません」とか、「子ども達が横浜にいるのよ」という横浜通なお客様とのお話も弾み、楽しい時間はあっという間に過ぎて行きました。

名産展に参加なさっている各店舗の方々と商品になるまでの歴史など色々お話をしたり、会場に取材に訪れたメディアの方に名産展のご説明させて頂いたり…と、本当に盛り沢山。会場でのトークはとても楽しく、仕事で来ていることを忘れるぐらいでした。同時に、名産展を開催するために、どれだけの人々がどれだけの時間をかけているのかという努力を知ることもでき、学ぶことが多く、貴重な経験となりました。

ご一緒させていただきました神奈川県庁並びに神奈川県観光協会の方々、箱根町観光協会の方、山形屋の皆さま、本当にありがとうございました。

また来てね〜、とお声をかけてくださった鹿児島の皆さま、ありがとうございます。また必ず参ります!