第33回全国都市緑化よこはまフェアPRイベント

増汐 桃菜(第14代横浜観光親善大使)2017年01月16日

皆様、こんにちは。
平成28年度横浜観光親善大使の増汐桃菜です。

新しい年も明け、私たち平成28年度親善大使の任期も終盤戦となってきました。これから春に向けて、ますます活動に力を入れていきたいと思います。

さてみなさん、横浜駅西口に「第33回全国都市緑化よこはまフェア」開催日の3月25日までのカウントダウンボードがあるのをご存知ですか?
そうなんです。昨年から私たち親善大使がキャラバン隊としてPRのお手伝いをさせて頂いているよこはまフェア開催まで、カウントダウンが始まっています!

「全国都市緑化フェア」は、緑溢れる潤いのある都市づくりをしようという取組みで、毎年全国を巡回し行われています。そして今年3月25日から6月4日の72日間、いよいよ横浜で開催されます。

よこはまフェアのメイン会場は2つ。「歴史と未来の横浜」をコンセプトとする、山下公園をはじめとした都心臨海部の「みなとガーデン」と、「緑豊な横浜」をコンセプトとする、よこはま動物園ズーラシアに隣接する横浜動物の森植物公園予定地の「里山ガーデン」です。

よこはまフェアは「ガーデンネックレス横浜2017」という愛称を掲げ、各スポットを花と緑でネックレスのようにつなぎ、「美しい花と緑豊かなまち横浜」を発信します。
開催期間中は100万本の花々と緑あふれる美しい街並みが皆様をお出迎えします。

「第33回全国都市緑化よこはまフェア」についてはこちら
http://yokohama-fair2017.city.yokohama.lg.jp/

既にいくつかのPRイベントが行われていて、昨年私たち横浜観光親善大使は市内外のいろいろなイベントでよこはまフェアのPRをさせていただきました。その中で私が印象に残っているのは、10月に鶴ヶ峰で行われた、旭ふれあい区民まつりでのPRです。旭区はよこはまフェアの会場の一つ、「里山ガーデン」が開園される場所なのです。

綺麗な青空の下、旭ふれあい区民まつりに向かうとたくさんの人で大賑わい!
楽しそうな子供たちの笑顔やたくさんの屋台に私もわくわくしていました。
そしてステージでのPR。会場にお集まりの皆様の温かい笑顔のおかげで、無事にスピーチをすることができました。よこはまフェアが開催されること、このお祭りの会場からほど近い場所に「里山ガーデン」が開園されること、またその見どころなどをお話しました。
ステージは同じキャラバン隊の「ツアヒネタヒチ ヒナテア」の素敵なタヒチアンダンスに更に大賑わい。また、会場で行われていた花かんむり作りのワークショップも大人気で花かんむりを手に喜ぶ子どもたちの姿に、思わず笑みがこぼれました。

里山ガーデンでは、森の空中アスレチックや市内最大級のお花畑など、横浜に多く残っている里山の魅力を身近に実感・体感できるコンテンツが目白押しとなりますので、皆様こちらにもぜひぜひ遊びに来てくださいね。

よこはまフェア開催まで残り2か月ちょっと、私たち親善大使もキャラバン隊としてPR活動を頑張っていきます!
皆様、この春は美しい花と緑溢れる横浜へぜひ足をお運びください。
たくさんの自然に心癒されること間違いなしです!
お待ちしています。