企画展・収蔵コレクション展18「没後50年 獅子文六展」

横浜に生まれ、昭和を代表する流行作家として「悦ちゃん」「自由学校」「てんやわんや」など、エスプリとユーモアにあふれる作品で一世を風靡した獅子文六(1893~1969)。近年、レトロでありながらモダンな作品世界が新しい読者の心をとらえ、再び〈獅子文六ブーム〉が起こっています。また、獅子は、劇団「文学座」の創設に関わるなど、演劇人・岩田豊雄(本名)としても活躍しました。

没後50年を記念する本展では、当館が所蔵する「獅子文六文庫」の資料を通して、小説家として、演劇人として、激動の昭和を生き抜いたその生涯と、現代によみがえった作品の数々を紹介します。

【会 期】2019年12月7日(土)~2020年3月8日(日)
【休館日】月曜日(1月13日、2月24日は開館)、12月28日(土)~1月4日(土)
【時 間】9:30~17:00(入館は16:30まで)
【会 場】神奈川近代文学館第2展示室
【観覧料】一般500円、65歳以上/20歳未満及び学生250円、高校生100円、中学生以下は無料

●記念イベント
2月29日(土) トークとライブ 牧村健一郎×曽我部恵一「発見・昭和の大衆モダン文学―獅子文六という作家を知っていますか?」

文芸映画を観る会
1月17日(金)、18日(土)「青春怪談」(1955年、104分) 監督:阿部豊
2月 7日(金)、 8日(土)「青空の仲間」(1955年、92分) 監督:堀池清

ギャラリートーク
1月11日、25日、2月1日、15日、3月7日(いずれも土曜日)各日14:00~ 参加無料(要展示観覧料)・申込不要
会場:展示館1階エントランスホール

<お問合せ>公益財団法人神奈川文学振興会 TEL:045-622-6666

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

企画展・収蔵コレクション展18「没後50年 獅子文六展」 
実施日 2019/12/7(土)~2020/3/8(日)
※休館日を除く
場 所 神奈川近代文学館
エリア 元町・山手・中華街・山下公園エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)