横浜市中消防署100周年記念 横浜の大火と消防の近代史

横浜開港資料館では、横浜市中消防署100周年を記念して、11月2日(土)から2020年1月26日(日)まで、企画展「横浜の大火と消防の近代史」を開催します。

火は人びとのくらしを豊かにする一方、時として日常生活を破壊する火災になります。特に多くの人が集まる都市では、大規模な火災、「大火」が頻繁に発生していました。1859(安政6)年の開港によって都市化が進んだ横浜もたびたび大火に襲われます。そうした状況を克服するため、横浜の人びとは試行錯誤を重ねながら防火体制を整えていきます。そして災害とむきあう「消防」は都市に不可欠な存在となっていきました。

1919(大正8)年9月、常設の消防機関として、戸部の第一消防署(現・西消防署)とともに、現在の中消防署につながる第二消防署が薩摩町に誕生します。本展示では、その100周年を記念し、主に都心部を中心に、開港直後の町火消から戦後の自治体消防にいたる横浜消防のあゆみをたどっていきます。
 
【会 期】2019年11月2日(土)~2020年1月26日(日)
【会 場】横浜開港資料館
【時 間】9:30~17:00(入館は16:30まで)
     ※11月22日(金)、12月20日(金)は展示室のみ19:00まで開館(入館は18:30まで)
【休館日】毎週月曜日(ただし、11月4日(月・祝)と1月13日(月・祝)は開館)、11月5日(火)、年末年始、1月14日(火)
【入館料】一般 200円/小・中学生 100円

<お問合せ>横浜開港資料館 TEL:045-201-2100

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

横浜市中消防署100周年記念 横浜の大火と消防の近代史 
実施日 2019/11/2(土)~2020/1/26(日)
場 所 横浜開港資料館
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)