ビヨンド・ザ・ボーダー音楽祭 2019

※こちらのイベントは終了しております。

「ビヨンド・ザ・ボーダー音楽祭」は横浜出身の気鋭のヴァイオリニスト鈴木理恵子が音楽監督を務める国内で類を見ないフェスティバル。国境を越え、時代を越え、音楽とアートが織りなす、ジャンルを越えた音楽祭。ヴァイオリン、ピアノ、笙、声、美術など様々な分野で活躍するアーティストがパフォーマンスを繰り広げます。

さらに今年は、「横浜音祭り2019」の一環として、コンサートホールという枠を越えて街に飛び出します。
教会や象の鼻テラスといった、地域のシンボルでもあるスペースを会場とし、そこに集う人々に音楽の魅力をお届けするとともに、音楽体験を通じ、障がいのある子供たちの豊かな情操を育むなど、多くの方に、音楽を通じた出会いと交流を楽しんでいただくプログラムです。

【開催日時】2019年11月10日(日) 14:00開演(13:30開場) 
      EXTENDEDスペシャル・コンサート 13:45~ 
      プレトーク:西村朗&藤枝守/プレ・パフォーマンス:即興演奏 石川高
【会  場】横浜みなとみらいホール 小ホール
【出  演】
  鈴木理恵子(ヴァイオリン・音楽監督)
  若林顕(ピアノ)
  石川高(笙)
  巻上公一(声・ホーメイ・語り・花架拳)
  松原賢(美術)
【プログラム】
  第1部 聖なる調べ~「月光」とロマン派の傑作
      ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ第14番「月光」/チャイコフスキー:ノクターン/
      シューマン:献呈~「ミルテの花」による/ブラームス:幻想曲集Op.116
      若林顕(ピアノ)巻上公一(語り)
  第2部 祈り~クロイツェル・ソナタ
      バッハ:無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番より「シャコンヌ」/シューベルト:アヴェ・マリア/
      ベートーヴェン:ヴァイオリン・ソナタ第9番「クロイツェル」
      鈴木理恵子(ヴァイオリン)巻上公一(語り)
  第3部 時空を超えて
      古典雅楽/ホーメイ 西村朗:アリラン幻想曲/池辺晋一郎:モロッコのユダヤ民謡/
      ジャック・ボディ:「ミケランジェロの瞑想」より/
      藤枝守「大楠の精霊」植物文様第29集(2019)~ヴァイオリンとピアノによる二重奏版(初演)ほか
【料  金】全席指定3,000円

<お問合せ>横浜みなとみらいホールチケットセンター TEL:045-682-2000
     (電話予約10:00~17:00/窓口 11:00~19:00 休館日・保守点検日を除く)

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

ビヨンド・ザ・ボーダー音楽祭 2019 
実施日 2019/11/10(日)
場 所 横浜みなとみらいホール
エリア みなとみらい21エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)