令和元年度 かながわの遺跡展「縄文と弥生-時代と文化の転機を生きた人々-」

縄文時代から弥生時代への移り変わりは、狩猟採集社会から稲作農耕社会へと変化を遂げる転機であり、歴史上の大きなターニングポイントであったといえます。神奈川県域をはじめとした関東地方や中部高地では、縄文時代中期に極大化した遺跡数は、後期を迎えると減少に転じ、後期後葉以降から晩期にかけて激減します。

その背景として、世界的な気候の寒冷化により植生が変化したことで食料資源が枯渇し、狩猟採集社会が行き詰まり、その窮状を打破すべく稲作を取り入れることで、歴史的な転換がはかられたとされてきました。

しかし近年、停滞あるいは衰退と評価されてきた縄文時代後・晩期の社会観を見直す動きが出てきています。後・晩期社会が寒冷化を積極的に利用し、植物質食料の多角化を図り、気候の変動に適応したことがわかってきたためです。

このような視点から、変動する自然環境に適応した人々が縄文時代から弥生時代へと移り変わる時期をどのように暮らしたのかを探ることにします。

【会  期】2019年11月27日(水)~12月22日(日)
      ※月曜休館
【開館時間】9:30~17:00(入館は16:30まで)
【会  場】神奈川県立歴史博物館 1階 特別展示室
【 観覧料 】常設展観覧券でご覧いただけます。
      一般300円(250円)、20歳未満・学生200円(150円)、高校生・65歳以上100円(100円)
      ※中学生以下・障害者手帳をお持ちの方は無料、( )内は20名以上の団体料金
      ※神奈川県立博物館等の有料観覧券の半券提出による割引制度あり

<お問合せ>神奈川県埋蔵文化財センター TEL:045-252-8661

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

令和元年度 かながわの遺跡展「縄文と弥生-時代と文化の転機を生きた人々-」 
実施日 2019/11/27(水)~12/22(日)
※休館日を除く
場 所 神奈川県立歴史博物館
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)