【事前申込】公開セミナー 第48回 名作の舞台裏「花へんろ 特別編 春子の人形」

ドラマ番組のスタッフや出演者が、自ら制作した番組を振り返る人気公開セミナー「名作の舞台裏」第48回は、一昨年暮れ、88歳で急逝した脚本家・早坂暁の最後の作品『花へんろ 特別編 春子の人形~脚本家・早坂暁がうつくしむ人』(NHK BSプレミアム)を取り上げます。

【番組概要】脚本家・早坂暁が、少年時代の体験をもとに、亡き妹への思いと平和の尊さをテーマに創作した最後の作品。昭和の名作ドラマ『花へんろ 風の昭和日記』シリーズの世界を、新たな設定で描いた。
昭和初期の四国・松山。お遍路道に沿った商家の軒下に、人形と一緒に置き去りにされていた赤ん坊は春子と名づけられ、良介の3歳違いの妹として仲睦まじく育てられた。やがて戦争が始まり、16歳の良介は、海軍兵学校に合格して瀬戸内の海を渡った。母親・静子に「良介とは本当の兄妹ではない」と伝えられた春子は、兄に会うために広島へ向かった・・・。
(2018年8月4日放送/NHK BSプレミアム)

※『花へんろ 風の昭和日記』/3部作の連続ドラマとして「ドラマ人間模様」(NHK総合)で、1985、86、87年(昭和60、61、62年)に放送され、その後、続編となる『新・花へんろ』が「水曜シリーズドラマ」(NHK総合)にて1997年(平成9年)に放送された。<放送ライブラリーでは3部作の第1作(第1話~7話・最終話)、第2作(第1話)、第3作(第1話)を公開しています。>

【日  時】2019年11月16日(土) 13:30~16:40(13:00開場)
      ※番組上映のあと、ゲストによるトーク
【会  場】情文ホール(横浜情報文化センター6階)
【ゲ ス ト】坂東龍汰 (出演)、芦田愛菜 (出演)、冨川元文(脚本)、平山武之 (演出)
【司  会】渡辺紘史(放送人の会)
【料  金】入場無料(抽選で200名) ※未就学児・小学生の入場はお断りさせて頂きます。
【応募方法】ホームページ、または往復はがきでお申込みください。(申込〆切:11/2(土)必着)
      ※詳しくは下記「イベントホームページへ」をご覧ください。

<お問い合わせ>放送ライブラリー TEL:045(222)2828

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

【事前申込】公開セミナー 第48回 名作の舞台裏「花へんろ 特別編 春子の人形」 
実施日 2019/11/16(土)
※申込期限11/2(土)必着
場 所 情文ホール(横浜情報文化センター6階)
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)