パリ万博130周年記念 エミール・ガレ VS ドーム兄弟

~1889年パリ万国博覧会出品、ガレの「葡萄に蜘蛛の巣文花器」を公開 ~

1889年に開催されたパリ万博では、シンボルとしてエッフェル塔が建設され、世界中から3000万人以上の人々が訪れました。エミール・ガレはガラス部門でグランプリを受賞。これに触発されたドーム兄弟は芸術性の高い作品制作に乗り出します。1900年に再度開催されたパリ万博において、両者はグランプリを獲得。ガラスの2大作家としての地位を確立させました。

本展では1889年パリ万博出品作であるエミール・ガレ作 「葡萄に蜘蛛の巣文花器」を始め、エミール・ガレとドーム兄弟の希少作品約50展を展観します。

1889年の万博から130周年を迎える本年、益々輝くガレとドームそれぞれの魅力を存分にご堪能ください。

【開催日時】2019年8月1日(木)~12月8日(日) 10:00~17:00(入館は16:30まで)
【 休館日 】月曜・火曜(ただし、8月12日月曜・8月13日火曜は開館)
【会  場】みらい美術館
      (横浜市西区高島1-2-15 みなとみらい学園ビル2階)
【料  金】一般800円、学生・生徒600円

<お問合せ>(公財)鶴見輝彦育英会 TEL:045-222-8696

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

パリ万博130周年記念 エミール・ガレ VS ドーム兄弟 
実施日 2019/8/1(木)~12/8(日)
場 所 みらい美術館
エリア みなとみらい21エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)