明治150年特別展「伊藤博文と金沢」

横浜開港以降、横浜居留地の外国人にも親しまれた武州金沢は明治の元勲たちの別荘地でもありました。
富岡は、明治14年頃から横浜居留地の外国人が海水浴に来ており、三条実美、井上馨、松方正義、大鳥圭介などが別荘を構えました。伊藤博文が明治20年に江戸時代から続く旅亭・東屋と夏島別邸において大日本帝国憲法(明治憲法・夏島憲法)の草案づくりを行ったことは広く知られています。明治30年、伊藤は洲崎(野島)に金沢別邸(現在の旧伊藤博文金沢別邸)を構え、皇太子時代の大正天皇や皇族などが訪れています。伊藤の別邸建設や管理を行った泥亀永島家や松本家に残った資料からは、西園寺公望や若槻礼次郎なども金沢を訪れていたことがわかります。
また、伊藤博文は荒れ果ててしまった金沢文庫を復興することに協力し、新たに設立された金沢文庫に憲法関係資料を寄贈しました。伊藤の英文サインのある蔵書をはじめとする約300点は神奈川県立金沢文庫所蔵となっています。
この展覧会では、別邸を構えた初代内閣総理大臣伊藤博文を軸に明治の元勲たちと金沢との関わりやそのころの金沢の様子を、伊藤博文寄贈の明治憲法関係資料、東屋資料、楠山永雄コレクションなどで紹介いたします。

【会  期】2019年1月19日(土)~3月10日(日)
【 休館日 】毎週月曜日(ただし2/11は開館)、2/12(火)
【観覧時間】9:00~16:30(入館は16:00まで) 
【会  場】神奈川県立金沢文庫
【料  金】一般400円、20歳未満及び学生250円、65歳以上200円、
      高校生100円、中学生以下無料

<お問合せ>神奈川県立金沢文庫 TEL:045-701-9069

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

明治150年特別展「伊藤博文と金沢」 
実施日 2019/1/29(土)~3/10(日)
場 所 神奈川県立金沢文庫
エリア 金沢・本牧・根岸エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)