企画展示 「日伯110年の絆-在日ブラジル人-在日30年をむかえた日系人の歴史と日常-」

※こちらのイベントは終了しております。

1908年、第一回移民船「笠戸丸」で海を渡った781人が、ブラジルへ移住してから今年で110年となります。現在では、日本で活躍するブラジル人が増え、日本で生まれ教育を受けた第二世代も日本社会で貢献しています。
本展示では、1990年代の在日日系ブラジル人の、異国における困難や母国ブラジルへの郷愁を抱える日常の再現、および日本で活躍する日系ブラジル人を、日本在住の日系ブラジル人写真家ジュニオール・マエダ氏の写真で紹介します。同時に入管法改正当時のパスポートや新聞雑誌なども展示し、ブラジル移住110年の歴史とともに在日日系ブラジル人の30年を振り返ります。

【日時】 2018年6月16日(土)~9月2日(日)
【休館日】月曜日(祝日の場合は翌日)
【集合】 10:00~18:00(最終入館17:30)
【会場】 JICA横浜 海外移住資料館 企画展示室
【料金】 入館無料
【お問合せ】JICA横浜 海外移住資料館 TEL:045-663-3257

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

企画展示  「日伯110年の絆-在日ブラジル人-在日30年をむかえた日系人の歴史と日常-」 
実施日 2018/6/16(土)~9/2(日)
場 所 JICA横浜 海外移住資料館
エリア みなとみらい21エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)