バリを抱きしめて 暮らして集めた伝統衣装

※こちらのイベントは終了しております。

日本・インドネシア国交樹立60周年 横浜ユーラシア文化館開館15周年記念展!
バリ在住20年の武居郁子氏が村々を歩き、人々との信頼関係を築いて各地で集めた、貴重な伝統衣装コレクションを初公開します。婚礼や葬儀のほか様々な儀式で使われるバリの伝統衣装を現地の写真や映像も交えてご紹介します。

【日時】 2018年7月14日(土)~9月24日(月・振休) 9:30~17:00
     ※8月11日(土)、9月21日(金)は19:00まで
【休館日】毎週月曜日
     ※7月16日(月)、9月17日(月)、9月24日(月・振休)は開館
     ※7月17日(火)、9月18日(火)は休館となります。  
【会場】横浜ユーラシア文化館3階企画展示室
【料金】一般300円 小中学生150円
     ※8月11日(土)は、夏祭りのため全館無料です。
【お問合せ】横浜ユーラシア文化館 TEL:045-663-2424

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

バリを抱きしめて 暮らして集めた伝統衣装 
実施日 2018/7/14(土)~9/24(月・振休)
場 所 横浜ユーラシア文化館
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map