テーマ展「流鏑馬と馬具」

※こちらのイベントは終了しております。

疾走する馬上から矢を射て的に当てる武芸は世界各地にあり、ホースバックアーチェリーと総称されています。日本では流鏑馬(やぶさめ)という名で呼ばれており、平安時代末期から鎌倉時代にかけて、さかんに行われました。その後、江戸時代中期に復興しましたが、第二次大戦後から実施する場所が減少しました。近年、伝統的な芸能が見直され、ふたたび流鏑馬が再開されつつあります。
本展では、江戸時代に行われた流鏑馬の資料や、使用された鞍・鐙などの馬具をご紹介します。

【会期】 2018年6月30日(土)~9月30日(日)[予定]
【開館時間】10:00~16:30(入館は16:00まで)
【会場】 馬の博物館 第2・第3展示室
【休館日】毎週月曜日(ただし7月16日、9月17日・24日は開館)
【入館料】大人100円、小中高生30円、団体(20名以上)半額
     ※障がい者手帳をお持ちの方は無料
     ※毎週土曜日は小中高生無料
【お問合せ】馬の博物館 TEL:045-662-7581

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

テーマ展「流鏑馬と馬具」 
実施日 2018/6/30(土)~9/30(日)
場 所 馬の博物館
エリア みなとみらい21エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)