企画展「没後10年 石井桃子展 ―本を読むよろこび―」

石井桃子(1907~2008)は、昭和初期から101歳で亡くなるまで、子どもたちのために最良の文学、文化を求め続け、編集者、翻訳家、作家として幅広く活躍しました。児童文学の研究、先駆的な家庭文庫の開設などを含め、その業績は、現代に至る日本児童文学の世界に大きな影響を与えています。本展では、こうした石井の仕事の軌跡をたどりつつ、近年の調査研究もふまえて、戦中戦後の混乱を背景に、自立を貫き前を向いて生きたひとりの女性としての姿も紹介します。また、石井が手がけた翻訳「クマのプーさん」「ちいさなうさこちゃん」「ピーターラビット」シリーズや、創作「ノンちゃん雲に乗る」など、現在も多くの読者に愛され続ける作品世界の魅力をあらためてひもときます。良い本との出会いが、長い人生を支える糧となることを信じ、子どもたちに多くの本を届け続けた石井の生涯-没後10年を機に開催する本展では、その真摯な一生を振り返ることによって、本を読むよろこびも伝えたいと思います。

【会期】2018年7月21日(土)~9月24日(月・振休)
    休館日は月曜日(9月17日、24日は開館)
【時間】9:30~17:00(入館は16:30分まで)
【会場】神奈川近代文学館第2、3展示室
【観覧料】一般500円、65歳以上/20歳未満及び学生200円、高校生100円、中学生以下無料
     ※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料
【お問合せ】公益財団法人神奈川文学振興会 TEL:045-622-6666

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

企画展「没後10年 石井桃子展 ―本を読むよろこび―」 
実施日 2018/7/21(土)~9/24(月・振休)
場 所 神奈川近代文学館 第2、3展示室
エリア 元町・山手・中華街・山下公園エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map