歴史講座2019 鶴見川流域の鎌倉武士と村落 地形・館・寺社・板碑などから探る

※こちらのイベントは終了しております。

鶴見川流域には小山田・都筑・鴨志田・恩田・綱島氏などの武士がいました。これらの武士の活動や本拠としていた村落の様相を地形・武士の館・寺社・板碑などから探ります。
鴨志田に現存している神奈川県最古の板碑や、鶴見川の最上流である町田市を本拠地としていた小山田氏についても触れていきます。

開催日を2日間設けることで、聞き逃さないようご都合の良い日にご参加いただける機会を増やすとともに、お席にもゆとりができることで、より集中して講義をお楽しみいただけるようになればと思っております。
横浜市八聖殿郷土資料館の歴史講座・歴史散歩をお楽しみください。ご参加お待ちしております!

【日 程】2019年5月18日(土)、5月29日(水)
【時 間】13:30~15:00(事前申込不要)
【会 場】横浜市八聖殿郷土資料館 2階展示室
【料 金】資料代 200円
【講 師】盛本昌広 氏 日本史学者

<お問合せ>横浜市八聖殿(はっせいでん)郷土資料館 TEL:045-622-2624

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

歴史講座2019 鶴見川流域の鎌倉武士と村落 地形・館・寺社・板碑などから探る 
実施日 2019/5/18(土)
場 所 横浜市八聖殿郷土資料館
エリア 金沢・本牧・根岸エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)