【平成30年度第2回企画展示】戊辰の横浜 開港都市の明治元年

横浜開港資料館では、2018年7月21日(土)~10月28日(日)まで「戊辰の横浜 開港都市の明治元年」の展示会を開催します。

慶応4年(1868)1月、鳥羽・伏見の戦いで旧幕府軍は敗北。その後各地は戊辰戦争の戦雲に包まれ、日本は戦乱の一年を迎えます。

3月、東海道を進んできた薩長の兵士が横浜にあらわれます。しかし、外国軍が駐屯する開港場では戦闘は発生せず、4月、横浜は新政府軍によって平和裡に接収されました。その後、戦火は奥羽に広がります。諸藩は横浜港でも武器を調達し、戦争で負傷した新政府軍の兵士は横浜の病院に送られました。横浜は戦場にこそなりませんでしたが、戊辰戦争と深い関係を持っていたのです。

本展では開港都市横浜の激動の一年を、古写真・錦絵・古文書・イラストなど多様な歴史資料から紹介します。

【日  程】2018年7月21日(土)~10月28日(日)

【開館時間】9:30~17:00 (入館は16:30まで)

【会  場】横浜開港資料館 

【 休館日 】毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休)

【 入館料 】一般200円、小中学生100円
     毎週土曜日、小中高校生は入館無料です。

【お問合せ】横浜開港資料館 TEL 045-201-2100

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

【平成30年度第2回企画展示】戊辰の横浜 開港都市の明治元年 
実施日 2018/7/21(土)~10/28(日)
場 所 横浜開港資料館
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map