御仏のおわす国~国宝 称名寺聖教がつむぐ浄土の物語~

※こちらのイベントは終了しております。

「御仏のおわす国」の原型は、インドで仏教を開いた釈尊の住む世界すなわち娑婆世界です。しかし、釈尊は80歳で生涯を終え、世界は無仏となってしまいました。仏教徒のなかには、新たな仏の出現を渇望し、その物語をつむぐ者たちがいました。物語の中の諸仏が住まう国々は、清浄で美しく、正しい教えに満ちており、「仏国土」「仏土」そして「浄土」と表現されました。人々は憧れ、この物語を書き記し、諸仏の姿を絵画や彫刻で形作り、時代も国境も民族も超えて、伝えてきました。現代の日本で、浄土といえば阿弥陀如来の極楽のイメージが非常に強いですが、仏教2500年の歴史からみれば、極楽浄土も「御仏のおわす国」のひとつです。
 本展示では、様々な浄土の物語を国宝 称名寺聖教からひもとき、信仰の現れを伝えた称名寺の絵画や彫刻にて紹介します。

【日程】2018年5月11日(金)~7月8日(日)

【観覧時間】9:00~16:30 (入館は16:00まで)

【会場】神奈川県立金沢文庫 

【休館日】毎週月曜日

【料金】一般400円、20歳未満・学生250円、65歳以上200円、高校生100円
    中学生以下無料

【お問合せ】神奈川県立金沢文庫 TEL 045-701-9069

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

御仏のおわす国~国宝 称名寺聖教がつむぐ浄土の物語~ 
実施日 2018/5/11(金)~7/8(日)
場 所 神奈川県立金沢文庫
エリア 金沢・本牧・根岸エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map