横浜能楽堂特別企画公演 「花開く伝統―日台の名作と新作―」

※こちらのイベントは終了しております。

横浜能楽堂と台湾の国光劇団が共同制作に挑んだ「繍襦夢」。各分野を代表する芸術家が、日本と台湾を行き来し、ぶつかり合いながらも相互理解を深め作り上げた作品が、遂に完成。崑劇の古典作品「繍襦記」を下地に、夢幻能の形式を取り入れ、日本の三味線音楽を融合させました。
国光劇団に所属しながら国際的に活躍する崑劇のトップスター・温宇航が主演。相手は、注目の若手スター・劉珈后。音楽は、常磐津の三味線奏者・常磐津文字兵衛が音楽監督・作曲・演奏を務めるのに加え、長唄の今藤美治郎・杵屋秀子・今藤政貴らが日本から参加。国光劇団の演奏家と共演します。演出は、台湾のコンテンポラリーシーンを牽引する王嘉明が務めます。
その他に公演では、崑劇の名曲「牡丹亭」(9日)「繍襦記」(17日)の一場面と併せ、日本舞踊の名曲「藤娘」(9日)「汐汲」(17日)を上演します。

日程:
 2018年6月17日(日)
時間:
 16:00~18:00
料金:
 S席6,000円/A席5,000円/B席:4,000円
(全席指定)

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

横浜能楽堂特別企画公演 「花開く伝統―日台の名作と新作―」 
実施日 2018/6/17(日)
場 所 横浜能楽堂
エリア 桜木町・野毛エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map