岩崎ミュージアム 第414回企画展 内田邦太郎パート・ド・ベール・ガラス作品展

※こちらのイベントは終了しております。

このパート・ド・ベール技法に出会ってはや42年が過ぎました。東京藝術大学の工芸科を1967年に卒業して50年がたち、大阪市立工業試験所のガラス研究室に入所、色ガラスの調合研究をして50種(濃淡3通りで150色)の色ガラスを全て収縮率を合わせて自分の色ガラスの原料を作る事が出来ました。京都の実家の父は内田邦夫と言う陶芸家で美術学校の鋳金科の先輩でもありました。
49年前から5年間住込みで吹きガラスの技術を大阪の三友硝子工芸で修業し、大学時代は宮田宏平先生にロー型鋳物を習い、父からは窯の焼成の知識や鋳物からはロー原型の製作技術、ガラス工場での技術、これらを合わせたお陰でパート・ド・ベールを完成する事が出来たものとつくづく環境に恵まれていた事に感謝するばかりです。

開催期間:
 2018年3月7日(水)〜4月1日(日)

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

岩崎ミュージアム 第414回企画展 内田邦太郎パート・ド・ベール・ガラス作品展 
実施日 2018/3/7(水)~4/1(日)
場 所 岩崎ミュージアム
エリア 元町・山手・中華街・山下公園エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)