横浜赤レンガ倉庫「FLOWER GARDEN 2019」

横浜⾚レンガ倉庫は、2019年3⽉29⽇(金)~4⽉21⽇(⽇)までの計24⽇間、約8,000株の草花で港町横浜に春の訪れを演出する「FLOWER GARDEN 2019」を開催します。

今年で13回目となる「FLOWER GARDEN」は、4月に開館17周年を迎える横浜赤レンガ倉庫のリニューアルアニバーサリーとして、色とりどりの花でお祝いする春の恒例イベントです。毎年テーマを設け、春らしい草花を用いて演出する本イベントは、横浜の春の⾵物詩として多くのお客様から好評を博しています。

【開催日時】2019年3月29日(金)~4月21日(日)
      ※ライトアップ 18:00〜23:00
【会  場】横浜赤レンガ倉庫 イベント広場A、赤レンガパーク
      ※面積は約355㎡
【料  金】入場無料(飲食、物販、ワークショップ代は別途)
【花の種類】マーガレット、デイジー、ネメシア、ラナンキュラス、ラベンダーなど約8,000株の花木を使用予定

●今年のテーマは「港の見えるフラワーガーデン」
 今年は、開港160周年を迎える横浜港と緑を一緒に楽しんでいただけるよう、「港の見えるフラワーガーデン」をテーマに、開港の地・横浜を象徴する歴史的建造物である赤レンガ倉庫に挟まれた空間に、色鮮やかな草花で溢れた春らしさを演出します。

●視覚だけでなく五感を使って春を楽しむ
昨年に引き続き、花を視覚だけでなく五感を使って楽しめるよう、“花と食”の文化が融合した日本初のドライフラワーカフェ&バー「HANABAR」を会場内に併設。食べられる花「エディブルフラワー」を用いて見た目も華やかなフード・ドリンクを提供する他、花を用いたワークショップも実施します。

●港の見えるフラワーガーデンは、フォトスポットがたくさん!
➀フラワーエントランス
➁トピアリーエリア
③カフェエリア(HANABAR)
④マーガレットの丘エリア

●HANABAR
東京に店を構える“花と食”の文化が融合した日本初のドライフラワーカフェ&バー。エディブルフラワーを使った「お花のカクテル」や、食べられる花とカオマンガイを楽しむフォトジェニックな一品「ハナマンガイ」など、イベントに合わせた春らしい限定メニューを販売します。また、ドライフラワーを使ったワークショップも実施予定です。
営業時間:平⽇ 11:30〜17:00、⼟⽇ 10:30〜19:00
※荒天の場合、営業を中止する場合があります。

≪FLOWER GARDEN 2019 特別連動企画≫
「みなとヨコハマ開港160周年の基軸と色とりどりの花を巡ってみよう!」ツアー
http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/eventinfo/ev_detail.php?bid=yw7544

<お問合せ>横浜⾚レンガ倉庫2号館 TEL:045-227-2002㈹

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

横浜赤レンガ倉庫「FLOWER GARDEN 2019」 
実施日 2019/3/29(金)~4/21(日)
場 所 横浜赤レンガ倉庫
エリア みなとみらい21エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)