フランス映画祭 2018 Festival du film français au Japon 2018

この6月、フランス映画祭が横浜で開催されることとなりました。横浜での開催は2005(平成 17)年以来、13年ぶりで、開催当日は、日本未公開のフランス映画最新作の上映の他、フランス映画祭アーティスト団として、フランスを代表する豪華俳優や監督たちが来日する予定です。

開催にあたっては、主催のユニフランスと、在日フランス大使館/アンスティチュ・フランセ日本、日産自動車株式会社、横浜市がパートナーシップを結んで映画祭を盛り上げます。日仏交流 160 周年となる本年、横浜市とフランスの友好関係をさらに深めるメインコンテンツとして、街にあらたな賑わいをもたらします。

【開催期間】2018年6月21日(木)~6月24日(日) 全4日間
【スケジュール】
      6月21日 オープニングセレモニー・上映 横浜みなとみらいホール
      6月22日~24日 通常上映 イオンシネマみなとみらい
【会  場】横浜みなとみらいホール、イオンシネマみなとみらい
【プログラム】
      上記2会場におけるフランス映画最新作の上映(13 作品予定)
      その他、オープニングセレモニー、トークショー等、サイドイベントを実施予定

【当 日 券】「フランス映画祭 2018」では通常上映の当日券を、以下の通り販売いたします。
      販売開始時間:該当作品上映当日 9:00
      場所:イオンシネマみなとみらい内、当日券販売デスク
      
      ※現金のみでの販売となります。
      ※レシートは発行いたしません。領収書が必要な方はその場でお申し付けください。
      ※アンスティチュフランセ会員の方は当日券販売デスクで販売している当日券に限り、
       特別価格1200円でご鑑賞頂けます(予約不可・要会員証)。
      ※枚数に限りがございます。無くなり次第、販売終了。

【お知らせ】
 下記作品の上映終了後には来日ゲストによるサイン会を実施します!
 サイン会会場:横浜ワールドポーターズ5階 イオンシネマみなとみらいエスカレーター脇特設コーナー

 『顔たち、ところどころ』
 プロデューサー:ジュリー・ガイエ

 『2重螺旋(らせん)の恋人』          
 監督:フランソワ・オゾン

 『子どもが教えてくれたこと』     
 監督:アンヌ=ドフィーヌ・ジュリアン

 『マルヴィン、あるいは素晴らしい教育』
 監督:アンヌ・フォンテーヌ
 出演:フィネガン・オールフィールド

 『Memoir Of Pain / メモワール・オブ・ペイン(英題)』
 監督:エマニュエル・フィンケル
 出演:メラニー・ティエリー

 『モカ色の車(同時上映:トマ)』
 出演:ナタリー・バイ
 監督:ローラ・スメット

 『ブラッディ・ミルク』
 監督:ユペール・シャルエル
 出演:スワン・アルロー

 『CUSTDY/カストディ(英題)』
 監督:グザヴィエ・ルグラン

 『See You Up There(英題)』
 監督&出演:アルベール・デュポンテル
 出演:メラニー・ティエリー

 ※サイン会には各上映チケットの半券をお持ちの方が参加いただけます。
 ※整理券は各上映チケットをお持ちの方を対象に上映 1 時間前から先着順に配布いたします。(枚数に限りがございます。)
 ※終了時間は未定です。
 ※予告なく変更、中止、終了となる可能性がございます。予めご了承下さい。


<お問合せ>TEL:050-5541-8600(ハローダイヤル 受付時間8:00〜22:00)

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

フランス映画祭 2018 Festival du film français au Japon 2018 
実施日 2018/6/21(木)~6/24(日)
場 所 みなとみらい地区
エリア みなとみらい21エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。