放送ライブラリー 番組を視聴する会 第2回「震災を伝える・記録する・考える」

※こちらのイベントは終了しております。

放送ライブラリーでは、受賞番組をはじめとする数々の秀作番組を保存・公開しています。「番組を視聴する会」は、それら公開番組の中から、あるテーマに沿って選んだ番組を、シアター形式で視聴していただく企画です。その第2回は、震災関連の番組を取り上げます。2018年は、東日本大震災から7年、阪神淡路大震災から23年、そして関東大震災から95年目にあたります。これまで、ラジオやテレビはさまざまな番組で震災を伝え、記録してきました。放送ライブラリー「番組を視聴する会」第2回は、震災の教訓を忘れることなく伝えていくために、東日本と阪神淡路の両震災に関連する6本の番組を視聴していただきます。これらの番組を視聴することが、防災・減災などについて考えるきっかけになれば幸いです。今回ご紹介する番組では、悲しみから立ち直った遺族、石巻でボランティアに励む兵庫県の高校生、食事から震災の記憶をたどる活動、震災から得た教訓をどう生かすかという防災イベント、震災の記憶を風化させまいとする報道スタッフの取組、納棺師から見た被災家族の様子を、それぞれ伝えています。また、福島県内の被災・復興に関する情報をまとめ、書籍を紹介する「東日本大震災福島県復興ライブラリー」を、会場内に展示します(提供:福島県立図書館)。この機会に、ぜひご来場ください。
※「東日本大震災福島県復興ライブラリー」は、この番組を視聴する会終了後も、2月9日(金)から3月18日(日)まで放送ライブラリーの総合受付横に展示します。

会期 :
 2018年2月6日(火)~8日(木)
時間 :
 10時30分~17時(10時開場)
会場 : 
 大会議室(横浜情報文化センター7階)
入場 :
  無料・事前申し込み不要

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

放送ライブラリー 番組を視聴する会 第2回「震災を伝える・記録する・考える」 
実施日 2018/2/6(火)~2/8(木)
場 所 放送ライブラリー
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)