横浜市歴史博物館 銭湯と横浜 ちょっと昔のお風呂屋さんへようこそ!

戦後、横浜市域の銭湯は、戦争による被害を乗り越えて増加し、昭和40年代には340軒を超えてピークを迎えます。その背景には高度成長期の労働者の増加がありました。集団就職や出稼ぎ労働者など、多くの労働者を受け入れた臨海部では特に需要が高く、公衆衛生に銭湯が果たした役割は大きかったといえます。その後、家庭風呂の普及率の上昇や健康ランド・スーパー銭湯ブームなどによって昭和60年代以降、市内の銭湯は減少していきます。平成29年には70軒を下回りましたが、本展覧会では、銭湯が身近にあった高度成長期以降の昭和時代を中心に、戦後から現代に至るまでの横浜市内の銭湯の移り変わりや、横浜の発展を支えた人びとへのやすらぎの場や衛生面を担ったお風呂屋さんのくらしをご紹介します。身近な銭湯から都市横浜のあゆみを見つめ直していただければ幸いです。

会期:
 2018年1月24日 (水) ~2018年3月21日 (水)
会場:
 横浜市歴史博物館
開館時間:
 9:00~17:00(券売は16:30まで)
休館日:
 月曜日(祝日の場合は開館)

展示構成
〔1〕タイムスリップ昭和    
〔2〕ちょっと昔のお風呂屋さん 
〔3〕横浜の銭湯のうつりかわり 
〔4〕お風呂屋さんのくらし
〔5〕横浜の銭湯を支えた人びと

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

横浜市歴史博物館 銭湯と横浜 ちょっと昔のお風呂屋さんへようこそ! 
実施日 2018/1/24(水)~3/21(水)
場 所 横浜市歴史博物館
エリア その他エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map