情文ホール 第45回 名作の舞台裏 ドラマ人間模様「太陽の子~てだのふあ」

ドラマ番組のスタッフや出演者が、自ら制作した番組を振り返る人気公開セミナー「名作の舞台裏」第45回は、「事件」「夢千代日記」「あ・うん」等、数々の名作を生んだ、NHK「ドラマ人間模様」枠で放送された「太陽の子~てだのふあ」を取り上げます。

——―今ある「生」がどれほどたくさんの「死」や「悲しみ」の果てにあるか、神戸に住む天真爛漫な小学生、ふうちゃんと沖縄出身の家族の暮らしを通じて、沖縄と日本の戦後に新しい問いかけを発した、灰谷健次郎の児童文学のドラマ化。1982年度芸術祭参加作品。

日時:
 2018年1月13日(土)13時30分~16時30分(13時00分開場)
 ※番組上映のあと、ゲストによるトーク
会場:
 情文ホール(横浜情報文化センター6階)
ゲ ス ト:
 中村玉緒 (出演)、長谷川真弓 (出演)、重森孝子 (脚本)、菅野高至 (演出)
司会:
 渡辺紘史(演出・放送人の会)
入場:
 無料(抽選で200名)
応募方法:
 往復はがきに ①催事名(「太陽の子」)②住所 ③氏名 ④年齢 ⑤職業 ⑥人数(3名まで)を記入し、
 12月25日(月/必着)までに、放送ライブラリー『名作の舞台裏』係宛郵送。
 放送ライブラリーのホームページでも受け付けています。(http://www.bpcj.or.jp/)

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

情文ホール 第45回 名作の舞台裏 ドラマ人間模様「太陽の子~てだのふあ」 
実施日 2018/1/13(土)
場 所 情文ホール
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map