横浜開港資料館 横浜のブドウ園とワイン

明治時代から昭和戦後にかけて、横浜にもワイナリーがありました。特に知られていたのは、保土ケ谷町帷子の中垣秀雄が経営する帷子葡萄園です。現在の観光ブドウ園のように、ブドウ棚の下に休憩所を備え、ワインやブドウの果実、ブドウジャムパン、サンドウィッチなどを楽しむことができました。帷子葡萄園が醸造する皇国葡萄酒の特長は、園主が海外で取得した技術を活かし、所有するブドウ園の品質優良なブドウで理想的なワインを醸造し、直接消費者に提供することでした。ここでは、かつて横浜にあったブドウ園とワイン関係の資料を紹介します。

会期:
 2017年11月1日(水)~30日(木)
会場:
 横浜開港資料館新館2階ミニ展示コーナー

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

横浜開港資料館 横浜のブドウ園とワイン 
実施日 2017/11/1(水)~11/30(木)
場 所 横浜開港資料館
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map