横浜開港資料館 企画展示「開港場横浜の原風景-350年の歴史を探る-」展

1859年に開港場・横浜が開設されると、開港場と当時の主要幹線であった東海道を結ぶ横浜道が開通しました。横浜道により、開港場と神奈川宿が陸路で結ばれ、さらに東海道を経て江戸へつながります。この成立によって、関内から海沿いに横浜駅へと連なる現在の市域中心部の原型が形成されました。これらの建設にあたっては、江戸時代を通じて進められてきた吉田新田を始めとする新田開発の進展が大きな要因となりました。本展示では、こうした開港以前における市域中心部の様相を紹介するとともに、それが開港場設置に与えた影響を考えます。

実施日:
 2017年10月25日(水)~2018年1月28日(日)

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

横浜開港資料館 企画展示「開港場横浜の原風景-350年の歴史を探る-」展 
実施日 2017/10/25(水)~2018/1/28(日)
場 所 横浜開港資料館
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map