横浜ユーラシア文化館 企画展 魅惑のランプ

夜になればスイッチ1つで電気を灯すことは今では当たり前になっていますが、つい130年ほど前まで、私たちは火の灯りを利用してきました。人類が火を手に入れ、火を操るために油を使ったランプを発明したことは生活史上画期的なことです。地域や時代によりさまざまなランプが作られ、照明用、時には死者を送るために用いられました。
今回の展示では古代地中海世界からイスラーム世界、近現代の南アジア、ヨーロッパ、そして日本に至るユーラシア各地のランプをご紹介します。また、横浜市の灯火具コレクションの一部を特別公開します。

会期:
 2018年1月20日(土)~4月1日(日)
観覧料:
 一般300円、小・中学生150円

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

横浜ユーラシア文化館 企画展 魅惑のランプ 
実施日 2018/1/20(土)~4/1(日)
場 所 横浜ユーラシア文化館
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map