ハワイ日本人移住150周年記念企画展示 元年者に始まるハワイ移民と邦字紙が果たした役割

150年前の1868年、横浜から出港した約150人の日本人がハワイへ到着しました。これが日本からハワイへの集団移住の始まりとされます。この後、明治維新により江戸時代は終わり、彼らはのちに「元年者(がんねんもの)」と呼ばれました。
今回の企画展示では、元年者に始まったハワイ初期移民の歴史とハワイで発行された日本語新聞が日系社会で果たした役割をパネルで解説するほか、外務省外交史料館が所蔵する条約書や元年者に関する貴重な史料を展示します。

【日 時】2018年10月6日(土)~12月24日(月・祝) 10:00~18:00(最終入館17:30まで)
     ※月曜休館(祝祭日と重なる場合は翌日)
【会 場】JICA横浜 海外移住資料館 企画展示室
【入館料】無料

◆◇◆ ハワイ日本人移住150周年記念企画展示 関連イベント ◆◇◆
バックヤードから語る移民史~外交史料こぼれ話~
外務省外交史料館で30年以上にわたり外交史料の収集、整理に携わった経験や、資料調査に関するエピソードなどをお話しいただきます。また、外交史料館より借用し展示している条約書やパスポートなどの見どころについて概説していただきます。

【日 時】2018年11月3日(土・祝)14:00~15:30
【会 場】JICA横浜 1階 会議室1
【講 師】柳下宙子(やぎしたひろこ)氏 
     元外務省外交史料館課長補佐(閲覧室長、整理保存室長を歴任)
【申込み】不要
【参加費】無料
【対 象】どなたでも

<お問い合わせ>JICA横浜 海外移住資料館 TEL:045-663-3257

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

ハワイ日本人移住150周年記念企画展示 元年者に始まるハワイ移民と邦字紙が果たした役割 
実施日 2018/10/6(土)~12/24(月・祝)
場 所 JICA 横浜 海外移住資料館
エリア みなとみらい21エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map