企画展示「明治の戦争と横浜-伝わる情報、支える地域ー」

横浜開港資料館では企画展「明治の戦争と横浜」を開催します。

今から150年前に始まった明治時代は、日本が試行錯誤を重ねながら近代国家へと生まれ変わっていった時代でした。それと同時に日本の国内外で武力と武力が衝突する戦争の時代でもありました。

戊辰戦争によって江戸幕府を倒した明治政府は、国内の安定を図りつつ、東アジアに進出する欧米勢力に対抗するため、近代的な軍隊を整備していきます。1873(明治6)年1月、政府は徴兵制を導入、江戸時代の武力であった士族の存在を否定するとともに、次第に兵役を国民の義務としていきました。そうしたなか、現在の横浜市域に住む人びとも軍隊とかかわり、また、戦争に動員されていきます。

本展示では、情報の伝達に注目しつつ、明治期の横浜と軍隊、特に陸軍を中心に、西南戦争や日清戦争、日露戦争と地域社会との関係を紹介していきます。

【 実施日 】2018年11月3日(土・祝)~2019年1月27日(日)
【 会場 】横浜開港資料館
【開館時間】9:30~17:00 (入館は16:30まで)
【 休館日 】毎週月曜日(祝日の場合は開館し、翌日休)、年末年始
【 入館料 】一般200円、小中学生100円
      ※毎週土曜日、小中高校生は入館無料

<お問合せ>横浜開港資料館 TEL:045-201-2100

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

企画展示「明治の戦争と横浜-伝わる情報、支える地域ー」 
実施日 2018/11/3(土・祝)~2019/1/27(日)
場 所 横浜開港資料館
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map