2019年テーマ展示Ⅰ「大和和紀『ヨコハマ物語』×大佛次郎の横濱」

大佛次郎記念館では、2019年テーマ展示Ⅰ「大和和紀『ヨコハマ物語』×大佛次郎の横濱」を開催します。

大和和紀『ヨコハマ物語』は、開化期の横浜の風物を華やかに、2人の少女の恋と成長を軸に描いています。魅力的な登場人物たちを育む、開港地の異国情緒あふれる街並や文化、商業の発展、港町としての変遷、近代化の生んだ光と影など、ストーリーと巧妙に絡んだ横浜の歴史を知ることができます。

一方、明治30 年の横浜に生まれた作家・大佛次郎は、「私ほど横浜に溺れて、横浜の小説を数多く書いたものは他にはいない」と自ら書くほどに横浜を愛していました。大佛の作品群で、幕末明治の横浜が舞台の小説を「開化もの」と呼び、「霧笛」「幻燈」「花火の街」など15 作以上が当てはまります。開化期の横浜は、華やかであるとともに多様性と混沌に満ちた、実にドラマチックな場所でありました。

本展覧会では、大佛次郎記念館が開館以来はじめて、メディア芸術の現役作家を取り上げて展示します。大和和紀と大佛次郎が、実在する人物や歴史【史実】と、魅力的な登場人物・ストーリー【フィクション】を織り交ぜて、鮮やかに描き出した横浜を再現します。

【会 期】2019年4月3日(水)〜9月8日(日)
【会 場】大佛次郎記念館 (神奈川県横浜市中区山手町113番地 港の見える丘公園内)  
【時 間】10:00〜17:30(最終入場時間 は17:00)
【休館日】月曜日 ※月曜祝日の場合は翌平日 臨時休館(5/21、7/9)
【観覧料】一般 200円、特製クリアファイル付き観覧料 500円
     横浜市在住の65歳以上無料、中学生以下無料
     ※毎月第2・第4土曜日は高校生以下無料
     ※毎月23日は「市民の読書の日」につき、高校生以下無料
【特 典】観覧チケットお求めの方限定で、展覧会初日(4/3(水))は全員に、
     開港記念日(6/2(日))は開港160周年を記念して先着160様に、特製ポストカードをプレゼント!

<お問合せ>大佛次郎記念館 TEL:045-622-5002

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

2019年テーマ展示Ⅰ「大和和紀『ヨコハマ物語』×大佛次郎の横濱」 
実施日 2019/4/3(水)~9/8(日)
場 所 大佛次郎記念館 
エリア 元町・山手・中華街・山下公園エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)