神奈川近代文学館 特別展「生誕150年 正岡子規展 ――病牀六尺の宇宙」

※こちらのイベントは終了しております。

明治という近代日本の黎明期に、新しい文学の創造をめざした正岡子規(本名・常規〈つねのり〉、通称・升〈のぼる〉。1867~1902)。わずか35年に満たない生涯において、俳句、短歌の革新運動を推し進め、写生文を提唱するなど、多岐にわたるジャンルで新時代の表現を追究しました。その業績は、後進へと受け継がれ、現代にまでつながっています。
子規は最晩年、脊椎カリエスによる病臥生活を送りながら、随筆「墨汁一滴」「病牀(びょうしょう)六尺」、日記「仰臥(ぎょうが)漫録」を書き続けました。時に病に苦しむ自らを客観的に見つめ、ユーモアさえ交えて記していくその精神の強さ、文章の不思議な明るさは、読者の胸を打たずにおきません。
生誕150年を記念して開催する本展では、その文学と生涯を振り返るとともに、親友・夏目漱石をはじめ、子規に惹かれて集まった多くの文学者との交流や、最期まで生きることを楽しもうとした〈人間・子規〉についても展覧。また、子規の遺した膨大な仕事を通して、現代人が当り前のように読み書きしている〈日本語の文章〉についても、改めて考える機会としたいと思います。

会期:2017年3月25日(土)~5月21日(日)
時間:9:30~17:00(入館は16:30まで)
休館:月曜日(5/1は開館)
場所:神奈川近代文学館
料金:一般600円、65歳以上/20歳未満及び学生300円、高校生100円、中学生以下無料

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

神奈川近代文学館 特別展「生誕150年 正岡子規展 ――病牀六尺の宇宙」 
実施日 2017/3/25(土)~5/21(日)
場 所 神奈川近代文学館
エリア 元町・山手・中華街・山下公園エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

Google Map