令和元年度横浜市史資料室展示会「YOKOHAMA1989-平成”スタート」

“平成”がスタートした1989年は、日本はバブル景気の絶頂にあり、横浜市は開港130年・市政100周年の記念年でした。
その年、横浜では横浜博覧会「YES'89」が開催され、また、横浜ベイブリッジなどもこの年に開通し、今日ある横浜の姿の大枠が形作られています。一方で、ベルリンの壁の崩壊など、戦後長く続いた内外の秩序が崩れた年でもあり、「失われた20年」と呼ばれる混迷の時代が始まろうとしていた時期でもあります。

令和の時代の始まりとなる今年度は、昨年度(平成30年度)の市史資料室内展示「YOKOHAMA1968 -50年前、日本が最も熱かったあの1年」に続き、戦後日本のもう一つの転換点である1989年の横浜を振り返ります。

【会 期】2019年7月13日(土)~9月23日(月・祝) ※毎週日曜日及び7月16日(火)、8月13日(火)、9月17日(火)は休室
【時 間】9:30~17:00
【会 場】横浜市中央図書館地下1階ホワイエ(ホール前)横浜市史資料室内展示
【料 金】入場無料

◆展示会関連事業 講演会「“平成元年”の横浜を見説く・読み解く」が8月24日(土)に開催されます。
 詳細はこちらへ→ http://www.welcome.city.yokohama.jp/ja/tourism/eventinfo/ev_detail.php?bid=yw8148

<お問合せ>横浜市史資料室 TEL:045-251-3260

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

令和元年度横浜市史資料室展示会「YOKOHAMA1989-平成”スタート」 
実施日 2019/7/13(土)~9/23(月・祝) ※毎週日曜日及び休室日は除く
場 所 横浜市中央図書館
エリア 桜木町・野毛エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)