神奈川県庁本庁舎の公開

※こちらのイベントは終了しております。

「キングの塔」の愛称で親しまれている神奈川県庁本庁舎が公開されます。本庁舎内の知事室、旧貴賓室、旧議場に加え、本庁舎6階歴史展示室や横浜港が一望できる屋上も公開されます。

神奈川県庁本庁舎は昭和3年(1928年)に建てられ、平成8年に国の有形文化財として登録されました。関東大震災で焼けた県庁本庁舎に代わる4代目で、知事が執務する現役の庁舎としては、大阪府庁本館に次いで全国で2番目に古いものです。
日本趣味のある洋風建築で、1920年代から1930年代頃に流行したアール・デコ様式の装飾が各所に見られます。横浜のシンボル的存在であり、横浜三塔の一つ「キングの塔」と呼ばれています。(※クイーンの塔:横浜税関本関庁舎、ジャックの塔:横浜市開港記念会館)

普段は見ることができない本庁舎内をぜひご見学ください!

【公開日時】2019年7月28日(日) 10:00~16:00
【場  所】神奈川県庁本庁舎
【公開場所】下記の通り

〔3階〕知事室(扉の外からご覧いただけます。)
    旧貴賓室(第3応接室)
    旧議場(大会議場)
〔4階〕正庁
〔6階〕本庁舎歴史展示室
    屋上(横浜港を一望できます。)

<お問合せ>総務局 財産経営部庁舎管理課 TEL:045-210-2620

※イベント内容・スケジュールは直前で変更される場合もあります。詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

神奈川県庁本庁舎の公開 
実施日 2019/7/28(日)
場 所 神奈川県庁本庁舎
エリア 関内・馬車道・伊勢佐木町エリア
URL イベントホームページへ
※詳細は主催者のホームページ等でご確認ください。

地図を見る(Google Map)