SNS映えする!横浜フォトスポット巡り

InstagramやFacebookなど、SNSで思わず発信したくなる、横浜ならではのフォトスポットを巡ります。

1、三溪園

午前中のやわらかな日差しがある内に訪れたいのが「三溪園」。横浜でも屈指の緑豊かな撮影スポットです。
製糸、生糸貿易で財を成した実業家・原三溪が明治39年に開園した「三溪園」には、京都や鎌倉などから集められた歴史的建造物が自然豊かな園内にたくみに配置されています。街の中心部にありながら、広大な日本庭園はまるで時が止まったかのよう。
梅や桜、ツツジ、紅葉などの名所として知られているので、季節ごとに訪れて、その美しい景観を写真に収めたいスポットです。

2、横浜中華街

三溪園から「ぶらり三溪園BUS」に乗車し約15分で山下公園前へ。
横浜の代名詞ともなっている、世界最大級の中華街までは徒歩すぐです。
600店を超える飲食店や土産物店などがひしめき合う活気溢れるエリア。入り組んだ狭い通りや「牌楼(パイロウ)」と呼ばれる門、色彩豊かな中華料理など、隠れたフォトスポットが溢れています。
中華街でぜひ訪れたいのが「関帝廟」と「媽祖廟」。色鮮やかな装飾は見事です。

3、山下公園

山下公園は、いわずと知れた横浜の人気観光スポット。
海への眺望、記念碑や歌碑など見どころの多い公園です。
横浜ベイブリッジや港を行き交う船の眺めが抜群で、どこをとっても絵になります。大さん橋に停泊する大型客船の優美な姿も、山下公園からであれば簡単に収まります。
さらに園内にはバラ園や桜もあり、「氷川丸」や「横浜マリンタワー」など、横浜らしいシンボルをバックに、季節の花々を1枚におさめることができる、人気のフォトスポットです。

4、横浜港大さん橋国際客船ターミナル

山下公園をみなとみらい方面に海沿いに歩き、横浜港の玄関口「横浜港大さん橋 国際客船ターミナル」へ。
外国・国内の大型客船が寄港する客船ターミナルは、世界の玄関口に相応しい、横浜の名建築のひとつ。
景観と環境にやさしい屋上のウッドフロアで潮風に吹かれながら、みなとみらいの高層ビル、山下公園、横浜マリンタワー、横浜ベイブリッジなど360度にわたり、横浜の美しい景色が楽しめます。

5、横浜赤レンガ倉庫

大さん橋から「臨港線プロムナード」を歩き、横浜赤レンガ倉庫へ。
明治/大正の煉瓦造建築が人気の横浜を代表する観光スポットです。その重厚な煉瓦造の外観も絵になりますが、館内のお店にもフォトジェニックなメニューやグッズが豊富です。
さらにイベント広場では「横浜オクトーバーフェスト」や「クリスマスマーケット」などが開催され、季節ごとに表情を変える「赤レンガ倉庫」は、横浜にきたら絶対におさえたいフォトスポットです。

6、汽車道

汽車道は、明治44年に開通した臨港鉄道の一部約500mを利用した海を渡る遊歩道。
赤レンガ倉庫から歩くと、前方にみなとみらいのビル群のスカイラインが楽しめます。風がない日は、海面に空と建物が反射し、見事な作品が撮れるはず。
屋形船やクルーザー、水陸両用バス、シーカヤックなども行き来するので、その様子をカメラに収めるのもお勧めです。

7、よこはまコスモワールド

横浜らしい夜景を撮影するなら、やっぱり欠かせないのが「よこはまコスモワールド」の大観覧車。
入園無料の園内には約30種類のアトラクションがそろっていますので、実際にアトラクションの乗って、今まで見たこともないようなアングルから、躍動感ある写真を撮影するのも楽しみ方のひとつです。
高さ112.5mの大観覧車から眺める横浜の夜景は圧巻です。シースルーゴンドラもあるので、撮影の際は並んででも乗りたい!

8、Instagramのキャンペーンに参加しよう!

横浜のフォトスポットを巡ったら、ぜひお気に入りの写真でInstagramのキャンペーンに参加しましょう!

横浜市公式Instagram@findyouryokohamaでは、毎月季節に合わせたテーマの写真を募集してます。ご自分のInstagramに「#myyokohama」をつけてご参加ください。

アカウント名「@findyouryokohama」