1、港の見える丘公園

横浜港を見下ろす小高い丘にある公園。横浜ベイブリッジを望む絶好のビューポイント。

春と秋にはローズガーデンも見頃。

港の見える丘公園 港の見える丘公園

2、横浜マリンタワー

横浜開港100周年の記念事業として1961年に建設された横浜のシンボル。高さ106m、2層の展望フロア、360度の大パノラマから見える夜景は必見!

2階まで吹き抜けのホールには山下清画伯の壁画やマリンタワーが灯台だった頃に使用されていた灯具が展示、レストランやバーも併設する。

横浜マリンタワー 横浜マリンタワー

3、ホテルニューグランド

開業昭和2年、横浜・山下公園前に立つ日本のホテル史と共に歩んできた由緒あるホテル。本館にある「レインボーボールルーム」「フェニックスルーム」は開業当時の趣を残す日本でも有数のクラシカルな会場。

近辺には中華街、元町等があり、観光やショッピングの拠点としても便利。

ホテルニューグランド ホテルニューグランド

4、横浜港大さん橋国際客船ターミナル

世界の人々を迎える横浜港の玄関口で、大型外国客船が寄港するターミナル。

屋上広場は天然芝と船の甲板をイメージしたウッドデッキ仕上げで開放的な空間。目の前に広がるみなとみらいの風景を楽しむことができる。

横浜港大さん橋国際客船ターミナル

5、日本大通り・象の鼻地区

R.H.ブラントンの設計により明治3年頃に完成した日本で初めての西洋式街路。神奈川県庁や横浜開港資料館、横浜地方裁判所、三井物産横浜ビル、旧関東財務局など、重要な施設が立ち並び、象の鼻パークに隣接する。

平成23年に都市景観大賞(国土交通大臣賞)を受賞。

日本大通り・象の鼻地区 日本大通り・象の鼻地区

6、神奈川県庁(キングの塔)

1928年竣工、屋上の五重の塔をイメージしてつくられた塔屋は「キング」の愛称で親しまれている。
外観の全体構成はクラシックでありながら、細部には幾何学的なデザインが施されている。後の帝冠様式の先駆けにもなった。敷地内には神奈川運上所跡の碑がある。
(国の登録文化財)

神奈川県庁(キングの塔) 神奈川県庁(キングの塔)

地図


より大きな地図で 人気のロケ地を巡る を表示