主催者様の声

横浜で会議開催を終えられた主催者様から感想をお寄せいただきました。

東北大学大学院農学研究科 宮澤 陽夫 教授

第12回アジア栄養学会議

東北大学大学院農学研究科 宮澤 陽夫 教授

2015年5月14日(木)~18日(月)まで、パシフィコ横浜にて開催された「第12回アジア栄養学会議(ACN2015)」を終えて、組織委員長を務められた東北大学大学院農学研究科 宮澤 陽夫 教授にお話を伺いました。

横浜市立大学 先端医科学研究センター長 平野 久 教授

第12回ヒトプロテオーム機構国際会議

横浜市立大学 先端医科学研究センター長 平野 久 教授

2013年9月14日(土)~18日(水)まで、パシフィコ横浜にて開催された「第12回ヒトプロテオーム機構国際会議(HUPO2013)」を終えて、組織委員会代表を務められた横浜市立大学 先端医科学研究センター長の平野 久 教授にお話を伺いました。

産業医科大学 医学部 泌尿器科 教授・大学病院院長 松本哲朗教授

第28回国際化学療法学会

産業医科大学 医学部 泌尿器科教授・大学病院院長 松本 哲朗 教授

2013年6月5日(水)~8日(土)まで、パシフィコ横浜にて開催された「第28回国際化学療法学会」を終えて、組織委員会会長を務められた産業医科大学 医学部泌尿器科教授、大学病院長の松本哲朗教授にお話を伺いました。

京都大学 iPS 細胞研究所 所長 山中 伸弥 教授

国際幹細胞学会 第10回年次大会

京都大学 iPS 細胞研究所 所長 山中 伸弥 教授

2012年6月13日(水)~16日(土)まで、パシフィコ横浜にて開催された「国際幹細胞学会 第10回年次大会」(参加者総数3,589名)を終えて、国内委員会委員長を務められた京都大学 iPS細胞研究所所長の山中伸弥教授にお話を伺いました。

世界作業療法士連盟 会長 Ms. Marilyn Pattison

第16回世界作業療法士連盟大会

世界作業療法士連盟 会長 Ms. Marilyn Pattison

2014年6月18日(水)~21(土)までパシフィコ横浜にて開催された「第16回 世界作業療法士連盟大会・第48回日本作業療法学会」(参加者総数5,905名/ 参加国数72ヶ国)を終えて、世界作業療法士連盟 会長のMs. Marilyn Pattison よりコメントをいただきました。

On behalf of the World Federation of Occupational Therapists (WFOT) I was delighted to participate in the 16th WFOT World Congress in Yokohama, Japan in June 2014.
I would urge any organisation considering holding a congress in Japan to investigate the wonderful opportunities in Yokohama. Not only are the convention facilities world class, the city itself is a delightful place to visit with its many restaurants and cafes, great shopping, friendly people and a comfortable pace of life. There is an extensive range of accommodation to suit all tastes and budgets and easy access to all of the popular areas. Yokohama certainly provided WFOT with a wonderful congress venue and a truly exciting cultural experience.

国際社会学会 会長 Dr. Margaret Abraham

第18回ISA 世界社会学会議横浜大会

国際社会学会 会長 Dr. Margaret Abraham

2014年7月13日(日)~19日(土)までパシフィコ横浜にて開催された「第18回 世界社会学会議」(参加者数6,087名、参加国数95ヶ国)を終えて、国際社会学会 会長のDr. Margaret Abraham よりコメントをいただきました。

On behalf of the International Sociological Association (ISA), I was very pleased to participate in the XVIII ISA World Congress of Sociology which brought more than six thousand sociologists and social scientists from ninety-five countries to Yokohama, Japan in July 2014.
I strongly recommend any association planning to hold an international conference to consider the friendly city of Yokohama. The conference facilities and PACIFICO Convention Center are outstanding and the city offers a wide array of restaurants and types of accommodation that can meet the diverse tastes and budgets. Holding ISA Congress in Yokohama provided an opportunity for participants to share our research and also to learn about the traditions, history and culture of Japan.

ページトップへ